トップページ > 企業情報 > ごあいさつ
「ごはん」という言葉は、「炊いたお米」という意味と同時に、「食事」という意味でも使われています。
まさに、日本人の食事といえば「お米を炊いたご飯を食べる」と言っても過言ではないと思います。

しかし時代の変化、つまり「食の欧米化」「パーソナルな生活の増加」によって、近年の日本人のお米・ご飯の消費量は、最盛期の半分以下にまで落ち込んでいます。

ところが欧米では逆に、かつての日本人のような食事の内容が、「健康に良い理想的な食事」として注目を浴び、「寿司」から「ご飯」そのものへと、日常的な食生活の中に取り入れられるような状況になって来ています。


そこで、私たち「樂膳」は、古来より日本人が食べ続けてきた「お米」や「ご飯」を、もっともっと大切に考え、見直したいと思いました。

そして、「ご飯を中心とした新しい時代に合う食生活」のご提案を、私たちの使命として活動したいと決意しました。

その実現のために、
「安全に」「美味しく」「身体に良く」「手軽に」「楽しく」
という「五つの言葉」をキーワードに日々取り組んでいます。

どうか、これからの「樂膳」の活動に、ご注目ください。

樂 膳 株式会社
代表取締役 吉本 博次 
Copyright(C) Rakuzen. All Rights Reserved.