トップページ > ご縁米ねっと > 美味しさの秘密

美味しいお米には理由があります

お米の味を決める二つのポイント、それは・・・

《低温保管》 と 《最適精米》


15℃以下の最適温度で保管しています


ご存知のように、お米は丹精込めて作っても、1年に1回しか収穫することができません。
ですから、美味しいお米のためには、お米を1年間どのように保管するかがとても大切です。
お米も他の食品と同様、時間と共に鮮度が低下してしまいます。
特に気温や湿度の上昇による影響は大きく、気温が上昇し始める4月以降には、15℃以下で保管する必要があります。
年間を通して良いお米をお届けするためには、この15℃以下を保てる設備を完備した保管倉庫での管理が必須条件になるのです。

最適精米。美味しいお米にはプロの技が欠かせません


最近では玄米を譲り受け、コイン精米機で精米するという方法もかなり見受けられます。
便利、安い、手軽ということからいえば悪くない方法だと思います。
ただ、本当に良い状態でお米を手にしていただくためには、それぞれの玄米の状態と気温、湿度などの条件を考慮して、適度に精米する必要があります。
「ご縁米ねっと」では、私たちお米のプロが諸々の条件を見極めた上で、それぞれの玄米に最も適した方法で精米を行い、「美味しいお米」をお届けいたします。

最適精米=プロ精米の特徴

@ 玄米に優しい精米により、傷みが少なく、お米本来の美味しさが保たれます。
A 石や雑草のタネ、その他の異物の除去を丁寧に行っていますから安心です。
B 割れ、欠けのお米は除去していますから、炊飯後、美味しいご飯になります。
  ( 炊飯は精米後すぐよりも、翌日に炊飯されることをお勧めいたします。)
Copyright(C) Rakuzen. All Rights Reserved.